スポンサーサイト

2013.09.14 Saturday by スポンサードリンク|-|-|-

一定期間更新がないため広告を表示しています

西洋美術史入門

2006.09.12 Tuesday 00:10 by abetomocomments(2)|-

美術鑑賞をするにはやはり基礎知識がいるなあ、なんてことを考えていたら、ちょうど本屋でこんな本を見つけた。
488108190X鑑賞のための西洋美術史入門早坂 優子 視覚デザイン研究所 2006-07by G-Tools

古代からの西洋美術の流れと作品紹介や用語解説が、ポップなレイアウトで分かりやすく面白く書かれていて、眺めるだけで楽しい。何ページかめくってみて、こりゃすごいと思った。辞書みたいに、年代ごとのナビゲーションが脇に付いているのも秀逸。しかもこれだけの情報量で2000円程度というのは安い。

まさにこういう本が欲しかったんだよ!ということで即購入した。

続きを読む >>

ハチクロ写真集

2006.07.22 Saturday 06:07 by abetomocomments(2)|-

本屋に行ったら、ハチクロコーナーができていた。そこで映画の写真集を発見。
4081020639ハチミツとクローバー ―PHOTO MAKING BOOK集英社 2006-07by G-Tools


どうせ主役の5人ばかりで堺雅人は載ってないんだろうなー、載ってても映画の1シーンなんだろうなー、と思ってパラパラめくってみたら・・・なんとビックリ!作者・羽海野チカさんとの対談が数ページ載っていた!写真付きで。それも、映画用のスチール使い回しじゃなくて、ちゃんと対談用に撮った写真。

羽海野さんは、撮影現場で初めて会った堺さんをえらくお気に召したそうで、それは「Girlie」vol.08や今発売中の「ダ・ヴィンチ」8月号のインタビューでも語られているエピソードなんだけど、だからこの対談企画はきっと羽海野さんが堺雅人を気に入ってくれたおかげで実現したんだろうな。主役じゃないのにこんな特別扱い、堺ファンにとっては作者さまさまだ。

撮影現場で見た堺雅人は、羽海野さんの目には「修ちゃん」にしか見えなかったそうで、この対談で久しぶりに会ったらまるで別人に思えたので驚いたらしい。あれって演技だったんだ!?と。外見を原作に似せたスタイリストさんの腕も良かったんだろうけど、それって役者としては嬉しい反応なのではないかな。

対談のほか、羽海野さんが描いた役者陣のイラスト解説にも“花本先生”堺雅人の絵がちゃんと載っていた。ちなみにこれは、コミック9巻の巻末に載っているのと同じ絵。

諸事情によりその場では買わなかったけど、この写真集は絶対買うぞ!

陰日向に咲く

2006.04.06 Thursday 08:16 by abetomocomments(2)|-

最近話題の、劇団ひとりが書いた小説。面白いと聞いて読んでみた。
4344011023陰日向に咲く劇団ひとり 幻冬舎 2006-01by G-Tools


かもめ食堂

2006.02.19 Sunday 04:02 by abetomo|-|-

3月公開の映画「かもめ食堂」の原作を読んだ。

かもめ食堂かもめ食堂
群 ようこ
by G-Tools


映画のために書き下ろしたそうだから、サチエをはじめ3人の日本人女性は「あて書き」なのかな?イメージがぴったりだった。というか映画の宣伝を見てから読んだので、そう思ってしまうのかもしれないけど。

日本人女性サチエがフィンランドのヘルシンキで食堂を営む話で、最初はお客さんが来ないんだけど、やがて日本オタクのトンミくんが常連となり、ワケありの日本人旅行者ミドリやマサコと知り合ううちに、他のお客さんも来るようになって少しずつ地元に溶け込んでいく様子が描かれている。

読んでいて、ほんわか温かくなる小説だった。

最近気になる本

2005.10.15 Saturday 06:10 by abetomo|-|-

最近本屋で見かけて気になっている本をご紹介。

4916199766チャルカの東欧雑貨買いつけ旅日記
チャルカ

by G-Tools

チャルカというのは、大阪にある雑貨屋さんのこと。

東欧(ベルリン、プラハ、ブダペスト)での雑貨探しの旅をつづった本で、旅行記としても楽しいし、雑貨好きにはたまらない(はず)。写真も多くて、見てるとワクワクする。あと、本のサイズやデザインも良い。たぶん近いうちに買うぞ!

4789726134京都ご案内手帖
平沢 まりこ

by G-Tools

これも、本のデザインに惹かれて手に取った。

よくある京都案内本のような観光名所案内じゃなくて、お茶屋さんとか買い物を楽しめるような場所の情報が載っていた。

この手のものは「三度目からの京都通本」を買ったことがあるけど、こういう小さいサイズの本もあると重宝しそう。でも、しばらく京都へ行く予定はないので買うかどうか。

4757211740メガネ男子
ハイブライト

by G-Tools

メガネっ娘の次はメガネ男子か!

といっても、“メガネ男子萌え”って去年ぐらいからすでに見かけていた気がするので、急に出てきた話題ではないだろうけど。

最初本屋で表紙を見て「なんだろう?」と思っていたら、ネットでこの本のことを知った。ちょっと気になったので、立ち読みしてみた。

メガネ男子のランキングで、好きなメガネ男子1位はARATA演じる映画「ピンポン」のスマイルだそうだ。ARATAじゃなくてスマイルなのね。まんがに登場するメガネ男子っぽい雰囲気がいいのかな?

逆に嫌いなほうの1位は、なんとペ・ヨンジュン。へええ、でもなんか分かる気がする。2位がカンニングの竹山っていうのがさらにウケる。韓流スターも、メガネ男子愛好女子にとっては竹山レベルってか。

巻頭グラビアはおぎやはぎとか春風亭昇太とか。彼らのインタビューも載っていた。そのほか、「メガネ男子年鑑」や「メガネ男子の好きな仕草・嫌いな仕草」がおもしろそうだった。

立ち読みしたら、ますます気になった。ネット発の話題本ってあまり興味ないんだけど、うーん、これは買っちゃいそうだ。

【参考】
はてなダイアリー - メガネ男子とは
メガネナイト

ブラジルの日系移民

2005.10.11 Tuesday 07:10 by abetomo|-|-

先週、五夜連続で放送された「ハルとナツ 届かなかった手紙」は、戦前、ブラジルへ移住した日本人一家の姉と、眼病のため1人日本に残された妹の、それぞれの70年を描いたドラマだった。

私はひいおじいさんが米国に移民していた関係で、北米の日本人移民史はかなり調べたことがあるけど、南米の日本人移民のことはほとんど知らない。

なので、非常に興味のあるドラマだったんだけど・・・最初の2話を見逃してしまい、3日目も4日目も途中からしか見られなくて、結局ちゃんと見たのは最終話だけだった。

一番見たかったのは、そもそも何故ブラジルに行くことにしたのか、入植当時や戦争中の生活はどうだったのか、といったあたりだったのだ。でも私が見始めたときはもうすでに戦後で、そういうのは過ぎてしまっていた。前半を見逃したのが本当に残念。再放送しないかな。
(今のところBSハイビジョンの再放送予定しかないらしい。せめて普通のBSでやって〜)

で、とりあえず日系ブラジル人史の本を何か読んでみよう、と図書館へ行ったらこんな本を見つけた。

新選組、敗れざる武士達

2005.07.25 Monday 04:07 by abetomo|-|-


ä??家ã??å±±å??å??ä¸?ã??ã??æ??å?¦ç??ã?ªè¦?ç??ã??ã??æ?°é?¸ç??ã??å??æ??ã??è©?ã??ã??ã?¨ã??ã??ã?¤ã??










 4478920419


æ?°é?¸ç??ã??æ??ã??ã??ã??æ?¦å£?é??

å±±å?? å??ä¸?




æ?°é?¸ç??ã?®æ?´å??ã??ä¸?è¦?ã?¡ã??ã??ã??ã?®äººç?©å??ã??ã??ã?§ã?ªã??ã??ã??ã??ã??æ??ä?£ã??é?¡ã?£ã?¦é??è??ã??æ??ã??ã??ã?§ã?®ç??ç?¯ã??ã??å°?ç??æ??å¤?æ??æ??ã?¨ã?¯ä??ã??ã??ã?¨ã??ã??ã??ã?¨ã??ä¸?寧ã??説æ??ã??ã??ã?¦ã??ã??ã??å??æ??ã?¨ã??ã??ã?®ã?¯ã?©ã??ã??ã??æ??ä?£ã??ã?£ã??ã?®ã??æ??ã??ã?¦æ??æ?¡ã??ã??ã??ã?¨ã??ã?§ã??ã??ã??ã??ã??ã?¦ã??ã??ã??ã??ã??æ??ä?£è??æ?¯ã?®ã??ã?¨ã??å??å?¨ã??ã??æ?°é?¸ç??ã?®ç??ã?¡ä??ç?®ã??å??ã??ã??ã??ã??ã??ã?£ã??ã??



大æ??ã??ã?©ã??ã??æ?°é?¸ç??ï??ã??ã??ã??ã?¡ã??ã??ã?©é??è??ã??æ??ã??1853å?´ã??ã??ã??ã??ã??å§?ã??ã?£ã?¦ã??ã??ã??ã??å°?ç??æ??å¤?æ??æ??ã??ï??説æ??ä¸?è¶?ã?ªæ??ã?¯ã??ã??ã??ã?®ã?®ï??æ??ã??触ã??èª?ã??ã??ã?¦ã??ã??ã??ã??ã??æ?°é?¸ç??ï??ã??ã?§å??æ??ã??è??å??ã??æ??ã?£ã??人ã??èª?ã??ã??ã?¯ã??å?§ã??ã?®æ?¬ã??ã?¨æ??ã??ã??ã??ã??ã??æ??å??ã?¯è?¦å¤?ã?¸å??ã??ã?£ã??å??æ??æ??ä¸?ã?®è©±ã?§ç??ã??ã??ã??ã??ã??ã?¦ã??ã??ã?®ã?§ã??å?´æ??ã?®ã??æ?°é?¸ç??ï??ã??ç¶?ç?¨ã?¸å??ã??ã?¦ã?®äº?ç¿?ã??ã??å??ç??ã?¤ã??ã??ã??



ã?¨ã??ã??ã?§ã??æ?¬æ?¸ã?§ä??è??ã?¯ã??ã??ã?¤ã??ã?®ä?®èª¬ã??æ?¸ã??ã?¦ã??ã??ã??ã??ã??ã?©ã??å??人ç??ã??è??å??æ?±ã??ã?£ã??ã?®ã?¯ã??ã??ã?¯ã??å±±å??æ?¬å?©ã?®æ??ã??ã??ã?¤ã??ã??話ã??



è?±è?°ã??ã?¦å??è??ã??ã??ã??ã??ã??ã?¨ã??ã??ã?¨ã??ã??ã??ã??ã?¯ã??ã??ã??ã??æ??å??ã??ã??ã?©ã??ã??ã??ã?¯å??æ¯?æ?¤å¯?ã?®å??ä??ã??ã??ã??ã?¨ã??ã??ã??ã?¨ã??ã??ã??ã??æ??è¿?ã?§ã?¯ã??ã??ç??ã??ã??ã??話ã??ã?¨æ??ã??ã??



ã?§ã?¯ã??å®?é??ã??ã?¯ã?©ã??ã??ã?¦æ??ã??ã??ã?®ã??ï??ã?¨ã??ã??ã??ã?¨ã??ã?¤ã??ã?¦æ??確ã??æ?¸ã??ã??ã??æ?¬ã?¯ã??ã??ã??ã??è¦?ã??ã??ã?¨ã??ã?ªã??ï??é??è¦?ã??ã?ªã??ã?®ã??ã??ã??ã??ã?ªã??ã??ã?©ã??ã??ã??ï??ã??



æ±?ç?°å±?äº?ä?¶ã?®é??ã??å±±å??æ?¬å?©ã?¯ç??æ°?ç??é¤?ä¸?ã??ã?£ã??ã?¨ã??ã??話ã??ã??ã??è??ã??ã??ã??ã??ã??ã??ã??ã??ã??ã?¨ã??ã?£ã?¦ç??æ??ã?¨ã??ã??ã??ã??ã?§ã?¯ã?ªã??ã??ä??ã??ã??ã?®ç??ç?±ã??ã??ã?£ã?¦å??è??ã??ã??ã?®ã?¯æ?¬å??ã??ã?¨ã??ã?¦ã??ã??ä¸?è?ªç?¶ã?§è¬?ã??å¤?ã??ã??



ã??ã?®ç??ã??ã?¤ã??ã?¦ä??è??ã?¯ã??å±±æ??ç??ä??ã??ã??ã??æ??æ??ã??ã?¦ã??ã??ã??å±±å??æ?¬å?©ã??ã?¤ç??説ã??ã??æ?¯æ??ã??ã?¦ã??ã??ã??ã??ã?¤ç??ã?¨ã??ã??ã?®ã?¯ã??ã??ã??ç¨?度å??å?©ã??ã?¦ã??ã??æ??æ??ã??è?ªæ®ºã??ã?¦ã??ã??ã??ã??ã?¨ã??å¤?ã??ï??ä¸?ç?ªå??å??ã??æ?ªã??ã?¨ã??ã?¯ã??ã??ã?ªæ°?å??ã??ã?ªã??ï??ã?®ã??ã??ã?©ã??å±±å??æ?¬å?©ã??ã??ã??ã??ã??æ??æ??ã??屯æ??ã?®ç§?è?¢å??é¡?ã?ªã?©ã??è??ã??ã??ç?ºä??ç??ã??è?ªå??ã??ã?¦ã??ã??ã?£ã??ã?®ã?§ã?¯ã?ªã??ã??ï??ã?¨ã??ã??ã?®ã??ã??



ã??ã??ã?¦ã??ã??ã??ã?¯æ?¦å£?ã?¨ã??ã?¦ç??æ´?ã?ªæ??æ??ã??ã?©ã??ã??ï??ã??è??ã??ã??è¿?è?¤ã??å??æ??ã??ã??ã??å??ã??ã??å??ã??ç??ã?£ã?¦ã??ã??ã??ã??æ??æ??ã??ã?£ã??ã?¨ã??ã??ã??ã?¨ã??ã??ã??ã?®ã?§ã?¯ã?ªã??ã??ã??ã?¨ã??ã??ã??ã??ä??æ?±ç??å??太é??ã??å±±å??æ?¬å?©ã??è??è??ã??ã??æ??ã??è©?ã??ã?§ã??ç??ã??å??ã??ã??ã??ã??ã??ã?¨ã?¯ã?ªã??ã?£ã??ã??ã??å??æ??ã??å±±å??ä¸?ä??説ã?¨ã??ã??ã?®ã??å??ã??ã??ã??ã?¨ã??



ã??ã??ã??èª?ã??ã?§ã??ã?ªã??ã??ã?©ã??ã?¨æ??ã?£ã?¦ã??ã??ã?£ã??ã??



æ°¸å??æ?°å??ã?®ã??æ?ªå£?æ??ä??å?±å??è¨?äº?ã??ã??ã??å?¶ç?°é??ã?®ã??å?¶ç?°é??æ??è¨?ã??ã??ã??ï??両æ??ã?¨ã??ã??æ?°é?¸ç??æ??è¨?ã??ã??å??é??ï??å±±å??æ?¬å?©å??è??ã?®è©±ã??å?ºã?¦ã??ã?ªã??ã?®ã?¯ä¸?æ??è?°ã??ã?¨æ??ã?£ã?¦ã??ã??ã??ã??ã??ã?¦ã??ã??ã?¯ã??ä??ã?®ç??æ¸?ã??æ??殺ã?®ã??ã??ã??ã??æ?°é?¸ç??ã??ã?¨ã?£ã?¦ä¸?å?©ã?ªã??ã?¨ã??ã??ã??è¨?ã??ã?¦ã??ã?ªã??ã?®ã??ã?¨ã??ã??解説ã??è¦?ã??ã??ã??ã??ã?¨ã??ã??ã??ã??



ã??ã??ã?©è?ªæ®ºã??ã?¨ã??ã??ã?°ã??ã??ã??ã??ã??ã?ªã??ã?¨ã??è??ã??è??ã?¡ã??ã??



ã??ã?¤ã??ã??è?ªæ®ºã??ã??人ã?®ã??ã?¨ã?£ã?¦è§¦ã??ã??ã??ã??ã?¨æ??ã??ã?®ã??ã??ã??ã??ã?¦ã??ã??ã?®æ??ä?£ã?®æ?¦å£?ã?ªã??ã?ªã??ã??ã??ã??ä¸?å??èª?ã?ªã??ã?¨ã??ã?ªã?®ã??ã??ã??ã??ã??ç??ä?£äººã??ã??è¦?ã?¦ã??å??èª?ã?®å??è??ã?¨ä¸?å??èª?ã?ªè?ªå??ã??ã?©ã??é??ã??ã?®ã??ã??ã??ã?®æ??è¦?ã?¯ã??ã??å??ã??ã??ã?ªã??ã??ï??æ?¬é¦?ã?¨å??è??ã?®å?®ã?¯å??ã??ã??ã??ï??ã??æ??è¨?ã??æ?¸ã??ã?®ã??æ??ã??ã??ã??ã??ã??ã?ªç?¶æ??ã??ã?£ã??ã?¨ã??ã??ã??ã?¨ã??ã??ã?¯ç??解ã?§ã??ã??ã??



ã??ã??ã??ã??ã??ã?¯ä??è??ã?®ä?®èª¬ã?ªã?®ã?§ã??æ?¬å??ã?®ã?¨ã??ã??ã?¯ã??ã?£ã?±ã??å??ã??ã??ã?ªã??ã??



ã?§ã??ã??ã??ã??ã??ã?°ã??ã??æ?°é?¸ç??ï??ã??ã?§å±±å??ã??ã??ã??å??è??ã??è??ã??ã??ã?§ã?®ç??ç?¯ã??ã??é??è¦?é??å??ã??ã?ªã??ã??ã?¨ã??æ?¿ç??ã?®ä¸?ã?§ã?®å??ã?®è¡?å??ã??ã??ã??ã??ã?§è?ªæ®ºã?®ã??ã??ã??ã??ã?¨è©?ã??ã??ã??ã??ã?°ã??è¦?ã??ã??ã?¨ã??ã??ã??ã??å??æ??ã?¯ã??ã??ã??ã??ã?ªã??ã??ã?¨æ??ã?£ã??ã??ã?©ã??ä??æ??ã??ã?°ã?ªã??ã?ªã??é??ã??æ??æ??ã??ã?£ã??ã?®ã??ã??ã??ã??ã?ªã??ã??ã??ã??ã??è??æ?¬ã??æ??å?ºå?´ã??ã??ã??ã??ã??å??ã?¿ã??æ??ã??ã??ã?¦ã??ã??ã?®ã??ã?¨ã??ã??ã??å??ã??ã?ªã??ã?¨ã??ä??ã??ã??ã?ªã??ã??æ??å¿?ã??ã?¦ã??ã??ã?£ã??ã??



話ã??ã??ã??ã??ã??ã?©ã??ã??ã??ã??ã??ä??æ?±ç??å??太é??ã?¨å??æ?¬ç??馬ã?®æ??æ??ã??ã?¨ã?¦ã??ã??ã??ä??ã?¦ã??ã??ã??ã?¨ã?¨ã??ã??è¿?è?¤å??ã?¨å??å??æ?¶å??ã?¨ã?®é?¢ä¿?ã??å??æ??ã?¨å??æ??è??ã?®é??ã??ã??ã?£ã??å¯?ç´?ã?ªã?©ã??è??å??æ?±ã??説ã??å?ºã?¦ã??ã?¦ã??ã??ã??ã??ã??ã??ã?£ã??ã??



ã??ã?®ã?¨ã??ã??ã?ªã??ã?¯

æ??稿ã?¯ã?©ã?¤ã?¢ã??ã??ã?®ã??BlogWriteã??

ã??ã??ã??æ??稿ã??ã??ã??ã??ã??ã??

芝浜

2005.04.21 Thursday 12:04 by abetomo|-|-

「タイガー&ドラゴン」に出てくる落語の元ネタを読みたい!と思っていたところへ、ちくま文庫の「落語百選」シリーズを貸してもらえることになった。

というわけで、まずは連ドラ第1話の「芝浜」。
「落語百選 冬」に収録されている。
落語百選 冬
麻生 芳伸

by G-Tools


芝の浜で財布を拾ったから、「芝浜」なんですねー。なるほど。

なんて書いてるくらいだから、もちろん私はドラマを見るまでこの噺は知らなかったわけだけど・・・確かにこれぁいい話だね。落語って、笑わせるだけかと思ったらこういう人情話もあるんですねえ。

ところで、ドラマでは「女房大明神」というせりふが出てきたけど、この本にはそういう言葉は出てこなかったな。同じ噺でも演者によって微妙に違ってくるのだろうから、クドカンが参考にしたのはまた別のバージョンなのかもしれない。

それにしても、この噺からよくああいうストーリーができるよなあと感心してしまう。「三枚起請」のときは騙された男3人が5人になり、遊女がキャバクラ嬢に、起請文がタトゥーに、という具合に変わっていたものの基本的な展開やオチは同じだった。だけど、「芝浜」は見事にアレンジされていた。

ちなみに「三枚起請」や、正月スペシャル版のラストで虎児が覚えようとしていた「品川心中」は「落語特選(上)」に収録されている模様。これもいずれ入手せねば!
落語特選 (上)
麻生 芳伸

by G-Tools

新選組剣客伝

2004.12.17 Friday 12:12 by abetomo|-|-

ネタばれを避けるため、敢えて史実を知らないまま「新選組!」を見ていた人も多いかと思いますが、最終回も迎えたことだし、総集編やDVD発売を待つまでの間、予習復習を兼ねて何か読んでみるのもおもしろいのではないでしょうか。

ということでこんな本をご紹介。

新選組剣客伝
山村 竜也

by G-Tools


新選組の主要人物(源さん以外の試衛館組+斉藤)8人の剣客それぞれのエピソードを紹介した内容で、気軽に読めます。「勉強」というほど史実を知りたいわけじゃないけど、メインキャラのことだけでも押さえておきたいという初心者向けでしょうか。

私は、ドラマにはまってから割とすぐ読んだので、まさしく入門書という感じでした。

ちなみに、作者の山村竜也さんは「新選組!」の時代考証を担当された方です。そういう意味でもおもしろいのかも。

電車の中で読む「電車男」

2004.11.13 Saturday 07:11 by abetomo|-|-

「電車男」の本を買ってしまった。

電車男
中野 独人

by G-Tools


もちろんまとめサイトは読んでいたけど、本屋で立ち読みしてみたら、あのスレッド形式はそのままでアスキーアートも完全再現されてるし、電車男の発言は太字になってたり背景色も付いていたりと読みやすくなっているしで、欲しくなってしまった。

本ならではの特典というか、まとめサイトには載っていない後日談も収録されていた。あと、カバーを外すと表紙に2ch用語解説が載っているという親切設計。これなら2ch語が分からない人でも読めるでしょう。

で、通勤電車の中で読んでたんだけど、分厚い本なので片手で吊り革つかまりながら読んだら肩凝っちゃった。読み始めたら集中してしまうのはサイトのほうと同じ。しかも画面見るより目には優しいから、画面で活字を追えない人には良いかも。ちなみに私の他にも電車で「電車男」読んでる人を目撃しましたよ。

ところで、出版した新潮社のサイトに『電車男の舞台裏』というページがあった。

担当編集者の「書籍版『電車男』ができるまで」というコラムに始まり、「デスク男」「営業男」「宣伝男」「装幀男」「組版男」「赤ペン男」と、出版に関わった人たちの話が読めるのがおもしろい(ページ左側にリンクがある)。何より電車男本人もゲラチェックしていたという話に驚いた。本当に本人?

印刷の現場ではMacを使っているため、アスキーアートの再現には相当苦労したらしい。しかもスケジュールも短かったようで、本当にご苦労様。

映像化のオファーが殺到しているらしいけど、具体的な表現を必要とする映像には向かない気がするなあ。どうせやるなら、抽象的な表現ができる舞台向きだと思うけど。まあいずれにせよ、既存の表現方法では難しそう。

2ちゃんねる発 純愛物語が本に(Sankei Web)

profile

最近の記事

写真たち

abetomo
携帯百景 - abetomo
www.flickr.com

息子の本棚

カテゴリ

アーカイブ

最近のコメント

  • はじめての運動会
    sea
  • 育児の悩み:トイレトレーニング編
    Horka
  • ナナン、落ちる
    sea
  • 明日は入園式
    abetomo
  • 息子、突発性発疹にかかる
    突発性発疹.com
  • 1歳になりました
    abetomo
  • 1歳になりました
    abetomo
  • 生後10ヶ月
    abetomo
  • 怒涛のように過ぎた8月
    abetomo
  • 怒涛のように過ぎた8月
    abetomo

リンク

search this site.

others

sponsored links

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM