スポンサーサイト

2013.09.14 Saturday by スポンサードリンク|-|-|-

一定期間更新がないため広告を表示しています

夕凪の街 桜の国

2007.07.15 Sunday 01:35 by abetomoまんが|-|-

以前、新聞か何かで紹介されたのを見てからずっと気になっていた「夕凪の街 桜の国」。つい最近、ようやく読む機会ができた。これは確かに評判通りの良作だと思う。

夕凪の街桜の国夕凪の街桜の国こうの 史代 Amazonで詳しく見る by G-Tools


いわゆる「ヒロシマ」をテーマにした内容で、ある被爆者一家の10年後、42年後、59年後の様子を描いている。とはいえ絵柄も描写も穏やかで、例えば「はだしのゲン」のような直接的で生々しい描写は一切ないし、被爆当時の様子も2、3ページしか出てこない。にも関わらず、何かじわじわと迫ってくるものがある。

原爆について何の予備知識もない場合には「はだしのゲン」的な作品のほうが分かりやすいかもしれないけど、ある程度知っている人にとってはこの作品のほうがむしろ「考えさせられる」のではないかと思う。

以下、ネタばれになるのでご注意。


続きを読む >>

ベルばら読んだ

2007.01.14 Sunday 08:01 by abetomoまんがcomments(3)|-

会社の人に借りて「ベルサイユのばら」を読んだ。今までもところどころ読んだことはあったけど、全部通して読んだのは初めて。なるほど、こういう話だったのか。これは確かに名作だと思った。

もう30年くらい前の漫画なのに、今読んでも面白い。いかにも昔の少女漫画だなあという表現にはさすがに時代を感じるけれど、内容そのものは普遍的でしっかり構築された世界だから、今も色あせないのだろう。登場人物たちの恋愛模様から政治や経済、身分制度など当時の社会事情までが描かれていて、どうしてフランス革命が起きたのかよく分かった。

後半は特に、世界史の授業で習った言葉がどんどん出てきて記憶を刺激された。それで読んだあと史実が気になったのでいろいろ調べたら、オリジナルキャラだと思っていた人でもモデルがいることがわかって、改めて史実とフィクションの絡ませ方が実にうまいなと感心した。描いた当時の作者が24、5歳だったというのもまた驚き。

今公開中の映画「マリー・アントワネット」も気になっているのだけど、ベルばらを読んだばかりで観ても鑑賞に耐えうるのだろうかと心配になってしまう。

ちなみに、同じ作者がナポレオンの話を描いた「栄光のナポレオン―エロイカ」という漫画が、時系列的にベルばらの続きとされていることを知ってそれも読んでみたくなった。アランとかロザリー夫妻とか、ベルばらの登場人物も何人か出てくるらしい。





ベルサイユのばら(5冊セット) ベルサイユのばら(5冊セット)
池田 理代子?

by G-Tools


PLUTO 4

2007.01.05 Friday 00:41 by abetomoまんが|-|-

今回の表紙は、アトムを作ったあの博士。表紙の法則(勝手に命名)からすると4巻はプルートゥが表紙になるのかと思っていたが。今回は「表紙になった人が最後に登場する」だった。

PLUTO 4â??é??è??ã?¢ã??ã??ã??å?°ä¸?æ??大ã?®ã?ã??ã??ã??ã??ã??ã?? (4)PLUTO 4â??é??è??ã?¢ã??ã??ã??å?°ä¸?æ??大ã?®ã??ã??ã??ã??ã??ã??ã?? (4)æ?æ?¢ ç?´æ¨? æ??å¡? æ??è?? by G-Tools


ハチクロ完結

2006.09.20 Wednesday 00:17 by abetomoまんが|-|-

ラスト2巻は急展開!修ちゃんとはぐちゃんの内面を描ききれていない感は正直否めないけど、キレイにまとめたなあというのが第一印象。

真山の言うように、こうなるしかなかっただろうとも思うし、山田が動揺したように、突然修ちゃんが脚光を浴びてしまって気恥ずかしい感じもするし。それにしても山田のあの驚きっぷり、そして「青春様」には笑った〜。山田の台詞はきっと多くの読者の気持ちを代弁してたんじゃないかな?すると真山の冷静な観察は作者側の代弁か。

この漫画って、ギャグがある一方で常に“死の匂い”というか暗い影が漂っていたので、ラストを見るのはなんとなく怖いような気がしていた。だけど明るい光が差す、希望のある形で終わって良かった。叶わなかった恋にだって意味はあったのだという、あのラストは泣けた。青春バンザイ!だ。

いま手元に10巻しかなくて(なぜか10巻だけ貰った)、細かいところは忘れてしまったので、この機会に買って読み直そうと思う。

DEATH NOTE 7〜12

2006.07.17 Monday 01:07 by abetomoまんがcomments(3)|-

結末はだいたい予想通り。あれだけのことをしたんだから、最後はああなるしかないだろう。というか、正義のための殺人なんていう大義名分は到底認められないから、ああしてくれなきゃ困る。ということで、ある程度は納得。ただ、本当に面白かったのは7巻まで(いわゆる第一部?)で、それ以降はなんだか急に興味が薄れてしまった。結末を知りたいがために読み続けたって感じ。たぶん、登場人物が増えて話が複雑になりすぎたのと、ニアやメロが今ひとつキャラ立ちしていなくて魅力的に思えなかったのとが原因か。あくまで私にとっては、だけど。やっぱりLの存在は際立っていた。

それにしても、無事(?)記憶を取り戻したときのライトはえらく悪い顔をしていたなあ。その後もどんどん悪人顔になっていって、最後は目を覆いたくなるような有様だった。最初の頃、犯罪者のいない世界を創る、とか純粋に言っていたときはまだ普通の高校生だったのに、それから比べると明らかに悪人顔になっている。家族も不幸にしちゃったし、デスノートを使う者は、自分でも気がつかないうちに心身を蝕まれるのかもしれない。

ところで、記憶を失っている間は純粋にキラを捕まえたいと思って捜査していたのだから、再び自分がキラだったと思い出したときに、両方の記憶の間で何か葛藤があるのではないか?と想像していたんだけど、そういう心理描写は一切なく、ひたすらキラを神とする世界を創るために走り続る展開だったのが物足りなかった。少年誌なので、人間的な葛藤を描くよりも、キラとLのプライドを賭けた戦いを描くことのほうが分かりやすかったのだろう。でも、そういうゲーム性の強い内容ならむしろ青年詩でこそやればいいのに。少なくとも子供に読ませたい漫画ではないと思った。

さて、以下はネタバレ注意です。

DEATH NOTE 1〜6

2006.07.10 Monday 07:53 by abetomoまんが|-|-

遅ればせながら「DEATH NOTE」を読んでみた。とりあえず6巻まで。

周囲の人が皆「面白い!」と絶賛していたこの漫画、んー確かに面白い。この先どうなるのかが気になって、どんどん読んでしまう。

見どころはやはりライトとLの心理的な駆け引きだけど、シリアス一点張りかと思ったら意外とギャグ要素があったり、死神たちのキャラがいい味出してたり、そういう点も楽しめる。

しかし字が多い!せりふ運びとでもいうのか、この漫画の文章の調子は結構好きなんだけどね。似たようなジャンルとして、どうしても浦沢直樹作品と比べてしまうので、あの映画的な画面構成を見慣れた目からすると物足りない気もする。あとLの存在が現実味なさすぎて(そのお金どこから出てるの?とか)、突っ込みどころ満載。いかにも少年漫画だなー。でもまあ、そもそも死神のノートという前提からして荒唐無稽な設定なので、そこは真面目に考えるところじゃないのか。

以下、軽くネタバレしてるのでご注意を。

のだめ15巻限定版のマングースぬいぐるみ

2006.06.11 Sunday 00:08 by abetomoまんがcomments(2)|-

10日の午後にAmazonから届きました♪
おなかを押すと、「ぎゃぼ」といいます。意外に大きな音で鋭く短く鳴るので、うっかり押すとビックリします。

マングース1

ぬいぐるみはなかなかの出来です。手触りがいい。継ぎ目の部分は、きちんとミシン縫いした上から黒い糸でステッチを入れて手縫いっぽい感じにしてます。夫いわく「手作り感あふれる量産品だ」とのこと。

マングース2.jpg

ナナンに見せたら匂いをかいでましたが、「ぎゃぼ」という音には無反応。おもちゃにされないよう、気をつけねば。

きょうの猫村さん 2

2006.06.04 Sunday 02:06 by abetomoまんが|-|-

はいはい、2巻を読みましたよ!フライングして発売前日に買ってしまいました。
4838716648きょうの猫村さん 2
ほし よりこ
マガジンハウス 2006-05-31

by G-Tools


1巻のラストで登場した謎のおばあさんと犬の正体が判明するところから、村田の奥さんにカバンをもらうところまでが収録されている。1巻でその存在を匂わせていた犬神家のご主人の愛人や、尾仁子のライバル(?)の他校のヤンキーなど新キャラが登場し、物語はまた新たな展開を見せる。

猫村さんとライバル家政婦との張り合いもちょっぴり変化したり、猫村さんの猫ゆえの習慣がさらに描かれていたり、猫村さんの好きなテレビドラマネタはやっぱり健在だったりして笑える。

しかし犬神夫妻と愛人の話は大人の世界だなあ。他にも、人生(猫生?)の目標話とか嫁姑問題とか、いろいろ深いよ。でもこれが普通の漫画の絵だったら重くなりそうだけど、猫村さんだから深刻にならずに楽しめる。そしてやっぱりどこか昭和テイストが漂っているのがツボ。

以下、小ネタ拾いです。ネタバレ注意!

猫村さんの2巻

2006.04.27 Thursday 00:46 by abetomoまんがcomments(2)|-

別館にメモしてたように、「きょうの猫村さん」の2巻がいよいよ5月31日に発売される。Amazonでもいつのまにか予約が始まっていた。
4838716648きょうの猫村さん 2ほし よりこ マガジンハウス 2006-05-31by G-Tools

レビューの紹介文にある、
すばらしく猫。きわめて家政婦。
が笑える。

しかし猫村さんオリジナル手ぬぐいと猫村石鹸がセットになっている初回限定版“湯けむりバージョン”の予約は扱っていないっぽいな。きこりさん情報によると、ネットではすでに予約打ち切りとのことなので、リアル本屋に行かないと予約できないのかも。

限定版は気になるけど、まあ普通にコミックだけ買うかねえ。

限定版といえば、のだめ15巻の限定版はまだAmazonで予約扱ってるなあ。これも未だに迷ってて何もしてないんだけど、うーん、どうしよう。
4063582256のだめカンタービレ(15) 限定版二ノ宮 知子 講談社 2006-06-09by G-Tools

PLUTO 3

2006.04.10 Monday 00:14 by abetomoまんが|-|-

今回の表紙はウラン。前の巻のラストで出てきた人物が次の巻で表紙になって活躍する(?)というこれまでのパターンでいくと、4巻の表紙になるのはアレなのか?

PLUTO 3â??é??è??ã?¢ã??ã??ã??å?°ä¸?æ??大ã?®ã?ã??ã??ã??ã??ã??ã?? (3)PLUTO 3â??é??è??ã?¢ã??ã??ã??å?°ä¸?æ??大ã?®ã??ã??ã??ã??ã??ã??ã?? (3)æ?æ?¢ ç?´æ¨? æ??å¡? æ??è?? by G-Tools


以下、ネタバレですのでご注意を。
続きを読む >>

profile

最近の記事

写真たち

abetomo
携帯百景 - abetomo
www.flickr.com

息子の本棚

カテゴリ

アーカイブ

最近のコメント

  • はじめての運動会
    sea
  • 育児の悩み:トイレトレーニング編
    Horka
  • ナナン、落ちる
    sea
  • 明日は入園式
    abetomo
  • 息子、突発性発疹にかかる
    突発性発疹.com
  • 1歳になりました
    abetomo
  • 1歳になりました
    abetomo
  • 生後10ヶ月
    abetomo
  • 怒涛のように過ぎた8月
    abetomo
  • 怒涛のように過ぎた8月
    abetomo

リンク

search this site.

others

sponsored links

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM