スポンサーサイト

2013.09.14 Saturday by スポンサードリンク|-|-|-

一定期間更新がないため広告を表示しています

ブラジルの日系移民

2005.10.11 Tuesday 07:10 by abetomo|-|-

先週、五夜連続で放送された「ハルとナツ 届かなかった手紙」は、戦前、ブラジルへ移住した日本人一家の姉と、眼病のため1人日本に残された妹の、それぞれの70年を描いたドラマだった。

私はひいおじいさんが米国に移民していた関係で、北米の日本人移民史はかなり調べたことがあるけど、南米の日本人移民のことはほとんど知らない。

なので、非常に興味のあるドラマだったんだけど・・・最初の2話を見逃してしまい、3日目も4日目も途中からしか見られなくて、結局ちゃんと見たのは最終話だけだった。

一番見たかったのは、そもそも何故ブラジルに行くことにしたのか、入植当時や戦争中の生活はどうだったのか、といったあたりだったのだ。でも私が見始めたときはもうすでに戦後で、そういうのは過ぎてしまっていた。前半を見逃したのが本当に残念。再放送しないかな。
(今のところBSハイビジョンの再放送予定しかないらしい。せめて普通のBSでやって〜)

で、とりあえず日系ブラジル人史の本を何か読んでみよう、と図書館へ行ったらこんな本を見つけた。


4774302902ブラジルの大地に生きて―「日系移民の母」渡辺トミ・マルガリーダの生涯
藤崎 康夫

by G-Tools


本当は児童書らしいけど、子どもでも分かるように説明してあるというだけで、大人が読むにも十分な内容だと思う。移民の背景だとか、移民船の航路、実際の移民生活、戦争中の生活や日系人強制収容所の話、戦後の「勝ち組」「負け組」論争のことなど、割と難しいこともきちんと書かれている。

あのドラマを見て興味を持った子どもさんがいたら、親子で読んでみるのも良いのではないかと。

ただ、この本の主人公である渡辺トミさんは、奉公先に恵まれたおかげでホワイトカラー層になることができたし、相当運が良かったケースだと思う。農業労働で苦労することもなかったので、多くの日系人とはちょっと違うかもしれない。

でもトミさんの活動を通して日系人の様子が伝わってくる。最後のほうの、一世の老後問題は考えさせられた。

スポンサーサイト

2013.09.14 Saturday 07:10 by スポンサードリンク|-|-|-

関連する記事

profile

最近の記事

写真たち

abetomo
携帯百景 - abetomo
www.flickr.com

息子の本棚

カテゴリ

アーカイブ

最近のコメント

  • はじめての運動会
    sea
  • 育児の悩み:トイレトレーニング編
    Horka
  • ナナン、落ちる
    sea
  • 明日は入園式
    abetomo
  • 息子、突発性発疹にかかる
    突発性発疹.com
  • 1歳になりました
    abetomo
  • 1歳になりました
    abetomo
  • 生後10ヶ月
    abetomo
  • 怒涛のように過ぎた8月
    abetomo
  • 怒涛のように過ぎた8月
    abetomo

リンク

search this site.

others

sponsored links

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM