スポンサーサイト

2013.09.14 Saturday by スポンサードリンク|-|-|-

一定期間更新がないため広告を表示しています

日光の旅(3)日光金谷ホテルに到着

2006.08.06 Sunday 03:14 by abetomo散歩・旅行comments(0)|-

金谷ホテルに着いたのは16時ごろでした。エントランスに車で乗りつけると、ホテルマンがやって来て、フロントまで荷物を運んでくれました。

日光金谷ホテル
金谷ホテルの入り口

私たちが予約したのはスタンダードタイプの部屋だったのですが、空き部屋が出たのでデラックスタイプに変更してくれたとのこと。予定より広い部屋になって、ラッキーでした。

というわけで、今回泊まった部屋はここ。ただし、改装した部屋なのでクラシックタイプではなかったのですが・・・。
部屋

灰皿と鍵
部屋に置いてあった灰皿と、部屋の鍵。カードキーじゃなくて、本当に昔ながらの鍵。キーホルダーの板は日光彫だそうで。

ディナー(コース料理)の時間は18時からだったので、それまでホテル内を探検することにしました。

談話室
2階のダイニングルームの隣にある談話室(?)

回転ドア
談話室から正面玄関の回転ドアを見下ろしたところ

階段
ダイニングルーム脇の階段。赤絨毯に白階段がステキ!

階段の写真
1階から2階へ上る階段の壁に飾られている写真

廊下
2階の廊下

階段や廊下、ロビーなど、いたるところにホテルの歴史を紹介する写真が飾られていました。また、本館の東側にある「竜宮」と呼ばれる建物(プール・スケートリンクがある)で、ホテルの創業当時から戦後くらいまでの様子を紹介する写真展をやっていたので、それも見てきました。

このホテルは、日光東照宮の楽師だった創業者が「ヘボン式」のヘボン博士を自宅に泊めたのをきっかけに、外国人用の民宿として開業したのが始まりなのだそうです。展示されていた数々の白黒写真には、「竜宮」のスケートリンクでスケートを楽しむお客さんの様子や和服で働く女性従業員たち、路面電車が通っていた頃のホテル周辺の様子、増改築されて立派になっていく建物など、明治〜大正〜昭和の金谷ホテル史が写っていました。

それにしても、こういう写真を見ると、昔は上流階級のリゾートホテルだったということがよく分かります。今も憧れの高級リゾートホテルであることには違いないだろうけど、この時代に庶民として生まれていたら絶対泊まることのできない場所だっただろうなあと思いました。

写真展を見た後は、1階へ下りてみました。

本館1階ロビー
本館1階ロビー

時計と机
左:ロビーに掛けてあったボンボン時計
右:ロビーに置いてある書き物机

1階のロビーは本当にレトロな雰囲気で、時計の針の音だけが聞こえる静かな場所です。ここで新聞を読んでいると、なんとなく優雅な気持ちになりました。ちなみに、書き物机の窓際のすみっこにはLANケーブルが丸めてあり、そこだけ妙に現代的で可笑しかったです。

フロント
左:フロントの様子
右:玄関を入ったところに置いてあるベンチ

玄関の外側
玄関の外側。赤いポストが置いてある

庭からの眺め
庭から本館を見たところ

とまあ、こんな感じでホテル内外を散策したり写真を撮ったり写真展を見たりしているうちに、ディナータイムがやって来ました。続く。

スポンサーサイト

2013.09.14 Saturday 03:14 by スポンサードリンク|-|-|-

コメント
コメントする








   

profile

最近の記事

写真たち

abetomo
携帯百景 - abetomo
www.flickr.com

息子の本棚

カテゴリ

アーカイブ

最近のコメント

  • はじめての運動会
    sea
  • 育児の悩み:トイレトレーニング編
    Horka
  • ナナン、落ちる
    sea
  • 明日は入園式
    abetomo
  • 息子、突発性発疹にかかる
    突発性発疹.com
  • 1歳になりました
    abetomo
  • 1歳になりました
    abetomo
  • 生後10ヶ月
    abetomo
  • 怒涛のように過ぎた8月
    abetomo
  • 怒涛のように過ぎた8月
    abetomo

リンク

search this site.

others

sponsored links

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM