スポンサーサイト

2013.09.14 Saturday by スポンサードリンク|-|-|-

一定期間更新がないため広告を表示しています

劇団演技者。「ビューティフル・サンデイ」

1970.01.01 Thursday 08:59 by abetomo演劇・落語|-|-

劇団演技者。(フジテレビ)で放送された、「ビューティフル・サンデイ」全4回を見た。かつて、中谷まゆみ作・板垣恭一演出で上演された同名舞台がテレビ化されたものだ。

初演では堺雅人が演じたゲイの青年・ヒロの役を、V6の三宅健が演じていた。そのほか、ヒロの恋人で同棲相手の秋彦役に鶴見辰吾、2人が住む部屋の元住人・ちひろ役に西田尚美、秋彦の母親が銀粉蝶という配役。

秋彦の母は、話の途中途中で電話をかけてくるだけの出番なので、大部分が3人のみの芝居だ。

鶴見辰吾や西田尚美は上手いなあと思ったけど、三宅健はやはりきびしかった。いや、最初のうちは割りと良かったんだけど、話が進むにつれて演技力が気になるようになっていったというか・・・。ヒロの優しさなんかはよく出ていたと思うけど、最後のほうで「バイトをしている」と秋彦に嘘をつくシーンなんかは、ああキビシイ・・・と思ってしまった。

というかね、ここは堺雅人だったらどういうふうに演じてたんだろう?と、いちいち気になったんだ。

そんなことを気にしながら見ているうちに、本物を見たくなってきた。ビデオ(¥4,700)が出てるらしいので、入手しようかな?

お話そのものは、私好みの展開だった。今度の舞台「お父さんの恋」も、中谷まゆみ・板垣恭一コンビの作・演なので、楽しみだ。

行って来ましたエレクトラ

1970.01.01 Thursday 08:59 by abetomo演劇・落語|-|-

棚からぼた餅的にチケットを入手した「喪服の似合うエレクトラ」を観て来ました。

演劇を観るのは、キャラメルの「クローズ・ユア・アイズ」以来4年ぶり。もともと劇場空間恐怖症(?)なうえ、今回は真面目な悲劇で4時間近い長さだし、大丈夫なんだろうかと不安を覚えつつ足を運んだのですが・・・結論から言うと、やっぱり観て良かった!です。

というわけで、ちょっと感想など。
以下はややネタバレになるかもしれないので、これから観に行く方はご注意を。

棚からぼた餅?

1970.01.01 Thursday 08:59 by abetomo演劇・落語|-|-

なぜか今頃「喪服の似合うエレクトラ」のチケットが取れてしまいました。

今日、母がオペラシティにオペラ(モーツァルトの何か)を観に行って、ついでに隣の新国立劇場に寄ったのだそうです。
で、たまたまポスターか何か見たらしく、「堺雅人と大竹しのぶが出るやつだわ」と思い出したので、ダメ元で劇場のチケット売り場で聞いてみたら、キャンセルされたのがほんの数枚だけあったとか。
というわけで買ったから行こう、と電話をかけてきました。

もう完売と聞いていたし、はなから諦めていたのでビックリ。
さすが母。宝くじは当たらないくせに、こういう妙な運は強い。

しかしこのお芝居、4時間もあるそうなんですよね・・・しかも古典っつーかギリシャ悲劇がモチーフ。
ちゃんと観られるのか、かなり心配。
しかも私、劇場空間恐怖症(*)なんですけど・・・。
ナマ堺さんは嬉しいが、楽しみより心配が先立つなあ。

*そんな言葉があるかどうか知らないけど、要は人口密度が高くて、劇場のように閉じた空間がコワイ。満員電車もキライ。

profile

最近の記事

写真たち

abetomo
携帯百景 - abetomo
www.flickr.com

息子の本棚

カテゴリ

アーカイブ

最近のコメント

  • はじめての運動会
    sea
  • 育児の悩み:トイレトレーニング編
    Horka
  • ナナン、落ちる
    sea
  • 明日は入園式
    abetomo
  • 息子、突発性発疹にかかる
    突発性発疹.com
  • 1歳になりました
    abetomo
  • 1歳になりました
    abetomo
  • 生後10ヶ月
    abetomo
  • 怒涛のように過ぎた8月
    abetomo
  • 怒涛のように過ぎた8月
    abetomo

リンク

search this site.

others

sponsored links

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM