スポンサーサイト

2013.09.14 Saturday by スポンサードリンク|-|-|-

一定期間更新がないため広告を表示しています

げげげ月9に堺雅人!?

1970.01.01 Thursday 08:59 by abetomo堺雅人|-|-

キムタクがレーサー役で主演する4月からの月9に、なんと堺雅人が出演するという情報が!

えええ〜、れれレーサー役!?と一瞬思ったら違いました。堺さんは、キムタクの父(原田芳雄)が営む児童養護施設の保育士という役どころらしい。ホッ。良かった。レーサーでは無理があるけど、保育士さんなら似合いそうじゃないですか。

しかしメインの共演者に小雪がいるという点に、ファンの間ではすでに動揺が走っている模様です。まさか、キムタクと小雪を奪い合うなどという設定ではないか?とか。もしくは、ただのヒキタテ役?とか。
(上野樹里や高島礼子も出るらしいけど、年齢的に考えてたぶん心配ないだろう。ってなんの心配だ)

なにしろ月9なので、恋愛がらみのストーリー展開がないとは思えない。
というか、むしろ月9のテーマはそこにあるんだよねえ。
連ドラ出演は喜ばしいことだけど、なんか、どうなんだろう・・・。といいつつ、見ると思うけど。

ちなみに、キムタクがレーサー役をやるという話を初めて聞いたとき、マッチ(近藤真彦)が出たらおもしろいのに〜と思ったんだけど、F3チーム監督として泉谷しげるの名前が。マッチのほうがいいと思うけどなあ〜。

堺雅人in蜷川妄想劇場

1970.01.01 Thursday 08:59 by abetomo堺雅人|-|-

ぺぎろぐさんの「MOREと蜷川さんに有難う!!」を見て、雑誌「MORE」7月号を買いに走った。

蜷川実花っていうと、ビビッドな色の写真を撮る人だという印象があるんだけど、とにかくその蜷川さんが堺雅人の写真を撮っているなんて!こりゃもう「買い」でしょう、などと「MORE」を見る前から興奮気味で本屋へ。

そして予想通り、そりゃもうステキな写真が載っていた!しかも6ページも!

テーマは「昭和初期」ということで、金田一耕助みたいな着物に帽子を被ったりとか、軍服をアレンジしたような格好とか、ハンチング帽にネクタイで羽織とか、レトロな雰囲気の衣装を着た堺さん。

似合うじゃん!かわいいやら、カッコイイやら。

こいつは「レプリーク」以来の満足度ですよ!ヒゲ面だったり髪型がヘンだったり衣装がキテレツすぎたりと、どうもイマイチな写真が多いヒトなので、何かに載るたびにヒヤヒヤしているわけですが、これは保存版でしょう!それに、堺雅人というモデルだけでなく、写真作品としてもおもしろいし。

このレトロな雰囲気があまりに合っているので、是非「金田一耕助」をやってほしくなってきた。あと明智小五郎とか、江戸川乱歩モノもいいなあ。

以前、ヒゲ姿を見たときに「明治時代の軍人もイケるかも?」と思ったんだけど、もしかして現代ドラマより時代モノのほうが合うのかもねえ。あ、でもこの前の「空中ブランコ」はとても良かったけど。

ところでこの「蜷川妄想劇場」、今回が「第九幕」ということは、連載なんですかね。もしかすると、いずれ写真集として出版されちゃったりするんでしょうか?是非本にしてほしいです!他の蜷川写真も見てみたいし。

【参考】
Ninagawa Mika's Official Website

空中ブランコ

1970.01.01 Thursday 08:59 by abetomo堺雅人|-|-

5月27日放送のドラマ「空中ブランコ」。堺雅人が空中ブランコのフライヤー役で出演するというので見たんだけど、文句なくおもしろかった!しかも爆笑。

話そのものもおもしろいけど、登場人物のキャラが濃いしキャスティングも絶妙だし、単発の2時間ドラマにしておくのはもったいない出来だと思った。

破天荒な精神科医・伊良部(阿部寛)と無愛想なお色気ナース(釈 由美子)、という診察側の人間だけでもすでに個性的だけど、訪れる患者のほうも、不眠症で人間不信の空中ブランコ乗り(堺雅人)、先端恐怖症のヤクザ(遠藤憲一)、虚栄心と被害妄想に取り付かれたモデル(佐藤仁美)と、なかなか一筋縄ではいかない人ばかり。あとブランケット症候群のヤクザ(松重 豊)もいい味出してた。

これだけ個性豊かな面々の中では、堺雅人演じる公平はまだ普通なほうだったけど、準主役(だよね?)として十分存在感を出していた。さすがだな。山南さんや「エンジン」の元にいとは全然違う役柄の、しかもフリフリのサーカス衣装を着た堺雅人を見られたのも良かった。

ところで伊良部の診療は一見いい加減なように見えるけど、話が進むにつれ実は核心を突いているのかもしれない、と思えてきた。最初、サーカスの人やヤクザが彼を「名医だ」と思い込む様子が滑稽に見えるんだけど、大団円を迎える頃には伊良部ってやっぱり名医なのかもしれないと思ってしまうのだ。ちょうど、伊良部に対する公平の気持ちが変化していくのと同じように。

特に、被害妄想の患者を否定するのではなく、共感することが治療の第一歩なのだという点に感心した。

今回の患者たちとは違うが、認知症で「物がなくなった」と騒ぐお年寄りへの接し方として、「なくなった物なんかないよ」と否定するよりも、とことん共感して探してあげることが大事だという記事を読んだことがある。それと似ていると思う。

爆笑エピソードの中にも、精神医療の一端が垣間見えて、そういう意味でもおもしろかった。

さて、以下はツボだったところ。

AERAの表紙

1970.01.01 Thursday 08:59 by abetomo堺雅人|-|-

思わず撮ってしまった。


いろいろな人から「AERA見た?」と聞かれましたが、もちろん発売日に買いましたとも!土曜日だったので、コレ買うためにわざわざ出かけてしまいました(普段なら会社行ったついでに本屋へ行く)。あ、でも電車の中吊り広告は見られなかったなー。と思って、いま土曜日の新聞見たら広告載ってました。

しかしこの表紙、なにも目いっぱい「顔」にしなくてもいいのに。「アップに耐えられる顔だからいいじゃない」とは同僚氏の感想。

「表紙の人」のページの写真は、めちゃくちゃ笑ってますねえ。これ、一体何を読んでるんだろう?気になるなあ。タイトルがぼやけていて読めないけど、なかなか特徴的な装丁なので分かる人には分かりそうだ。

profile

最近の記事

写真たち

abetomo
携帯百景 - abetomo
www.flickr.com

息子の本棚

カテゴリ

アーカイブ

最近のコメント

  • はじめての運動会
    sea
  • 育児の悩み:トイレトレーニング編
    Horka
  • ナナン、落ちる
    sea
  • 明日は入園式
    abetomo
  • 息子、突発性発疹にかかる
    突発性発疹.com
  • 1歳になりました
    abetomo
  • 1歳になりました
    abetomo
  • 生後10ヶ月
    abetomo
  • 怒涛のように過ぎた8月
    abetomo
  • 怒涛のように過ぎた8月
    abetomo

リンク

search this site.

others

sponsored links

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM