スポンサーサイト

2013.09.14 Saturday by スポンサードリンク|-|-|-

一定期間更新がないため広告を表示しています

タイガー&ドラゴン「明烏」

1970.01.01 Thursday 08:59 by abetomoタイガー&ドラゴン|-|-

今回は下ネタ全開だったなあ。元が吉原ネタなので、まあそうなってもおかしくはないけど、サダヲのはじけっぷりがすごくてビックリしちゃったよ。

「明烏」の若旦那がどん吉になっていたわけだけど、堅くて女っ気がない理由をマザコンと姉3人のせいにしたのが現代的でおもしろかった。このどん吉の設定って、「明烏」を使おうと決めた時点で肉付けされたのかなあ、それとも40歳で独身という基本設定が先にあって、そこへ「明烏」を当てはめてるのかなあ。

他の噺にしてもそうなんだけど、毎回毎回ドラマの基本ストーリーに合ったネタをよく持ってくるもんだと感心するよ。

続きを読む >>

タイガー&ドラゴン「猫の皿」

1970.01.01 Thursday 08:59 by abetomoタイガー&ドラゴン|-|-

ついに、竜二が落語をやめた理由が明らかに。「三枚起請」でなんとなく語られていたけど、小竜(=竜二)の真打昇進で「文句が出たりイジメられたりした」のって、こういうことだったのか。陰湿だ。たしかに伝統芸能の世界ではあり得そうなエピソードだなあ(実際はどうか知らないけど)。

そしてようやく竜二の噺家時代=和服姿が拝めた。いつも赤いジャケットを着ているせいか、地味めな色の和服には違和感があったけど、とはいえこれはこれでいいかも。

ところで、正座した竜二の姿勢が結構良いのにビックリ。なんかそこに注目してしまった。虎児は正座するとき猫背になるので、この2人って本当に対照的なんだと思った。これって、わざとそういう演出をしているのかな?

タイガー&ドラゴン「粗忽長屋」

1970.01.01 Thursday 08:59 by abetomoタイガー&ドラゴン|-|-

なんだろう、今回はかなり毒が強かったというか、まさかの人死にが出てしまったのでビックリした。いつも通り笑うところもたくさんあったけど、すっきり爽快という感じでもなく、なんか後味が悪い気がした。

前回ぐらいからヤクザ界の話がメインになってきて、「あー虎児ってばヤクザだったんだな」と改めて思わされている。まあ、このまま虎児が堅気になるにしろヤクザに戻るにしろ、暴力世界の描写は避けては通れないのかもしれない。でも殺人シーンはマズイんじゃないのか?と。最後に、死んだヤクザの弟分が自首することで一応バランスを取ってはいたけどね。

とはいえ、「粗忽長屋」の死んだ当人が自分の遺体を担いで「おれは誰なんだ?」と言うシチュエーションはうまく使われていたなと感心した。それだけに、もうちょっとなんとかならなかったのかと残念に思った次第。

続きを読む >>

profile

最近の記事

写真たち

abetomo
携帯百景 - abetomo
www.flickr.com

息子の本棚

カテゴリ

アーカイブ

最近のコメント

  • はじめての運動会
    sea
  • 育児の悩み:トイレトレーニング編
    Horka
  • ナナン、落ちる
    sea
  • 明日は入園式
    abetomo
  • 息子、突発性発疹にかかる
    突発性発疹.com
  • 1歳になりました
    abetomo
  • 1歳になりました
    abetomo
  • 生後10ヶ月
    abetomo
  • 怒涛のように過ぎた8月
    abetomo
  • 怒涛のように過ぎた8月
    abetomo

リンク

search this site.

others

sponsored links

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM