スポンサーサイト

2013.09.14 Saturday by スポンサードリンク|-|-|-

一定期間更新がないため広告を表示しています

大奥 #6「殺意」

1970.01.01 Thursday 08:59 by abetomoドラマ|-|-

今回も、内容そのまんまのサブタイトルだなー。直球勝負っつーかなんつーか。

あの毒薬を御台所に渡したのは吉保だったのか!なんとまあ、結局みんな吉保の手のひらで踊らされているってか。でも、薬はまだ全部使い切らずに取ってあるという御台所も侮れないヤツ。さて吉保、どう出るのか。

安子の虚ろな表情は、いかにも子を亡くした母親という感じで哀れだった。そしてお伝にも負けない憎しみの目が印象的。だけど、大典侍の登場でますます存在感が薄くなってしまったような。主役なのに!ていうか、菅野美穂みたいに後半はあまり出てこなくなる展開かと思ったけど、そういうわけではなさそうね。

お伝は、ついに息子が世継ぎとしてお墨付きをもらうことになって得意満面。あのお祝いの場面は、前回長丸のために傘回ししてた場面とまるで立場が逆転していたなあ。でもその栄華もあっという間に崩壊。大典侍が来るわ、頼みの息子も危篤になるわ。まさに栄枯盛衰。しかし安子に向かって「鬼じゃ!」とは何事か。アンタだって青梅食わせようとしたくせにー。逆ギレにしか聞こえない台詞に笑ってしまった。
このエントリーは

投稿クライアントの「BlogWrite」


により投稿されました。

により投稿されました。


続きを読む >>

大奥 #5「逆襲」

1970.01.01 Thursday 08:59 by abetomoドラマ|-|-

安子とお伝が子供を通じて歩み寄るかと思いきや、それを引き裂くように御台所が!うひゃー、一番怖いのは御台所だったのね。

いや、なんかやるだろうなあとは思ってたけど、あの展開は読めなかったよ。ラストで薬の包みを手に高笑いする姿を見て、仰天してしまった。そうか、そういうことだったのかと。

でも、安子に子供が生まれてから御台所・お伝・安子・右衛門佐の関係に微妙な変化が生じる過程が描かれていたので、御台所がああいう行動へ出たのも無理のない流れだったと思う。というか、ここへきてようやく御台所の真意が露見したというか。

お伝のような分かりやすい敵対心と違って、御台所の腹黒さは得体が知れなくて怖い。あの狂ったような高笑いにはそういうのが感じられて、上手いと思った。藤原紀香がまたよく似合ってた。

しかもあの状況では、お伝に疑いがかかるのは必至でしょう。ここで一気にお伝も安子も追い落として自分が頂点に立とうという腹なのか。長丸を世継ぎにしようと言っていたのは、やはり自分に権力を集めるための口実だったらしい。

だけど次回は大典侍(中山忍)が大奥に来るし、染子は懐妊したようだし、息つく間もなく新たな展開を迎える模様。

染子の子供は上様の子なんですかねえ。でもアレじゃどっちの子か分からないよなー。本当は(遺伝的に)吉保の子なんだけど上様のご落胤として吉保が育てるという、ややこしいことになるのか?

そういえば、手を下したのがお伝の方か御台所かはともかく、結果的には吉保の思惑通りになったんだなあ。でもこのまま吉保がおいしい思いをして終わるとも思えない。またどんでん返しがありそう。

ところで、長丸のお祝いで傘回ししてたのが本物の染之助だったのがウケた。

三谷幸喜が足利義昭!?

1970.01.01 Thursday 08:59 by abetomoドラマ|-|-

三谷幸喜が来年の大河ドラマ「功名が辻」で足利義昭を演じるらしい。ええぇー、ビックリ!

三谷幸喜氏、大河で役者挑戦 (Yahoo!ニュース 日刊スポーツ)
三谷幸喜氏、「功名が辻」で大河ドラマデビュー (Yahoo!ニュース サンケイスポーツ)

「2月12日放送の第6回から」ってことは、榎本武揚ツヨポンみたいなゲスト出演じゃなくて数回出番があるってこと?

まあ、劇団時代は役者として舞台に上がってたこともあるから、演じる側になってもおかしくはないんだけど、大河ドラマで脚本も役者もやったことのある人なんていないんじゃないのか?

しかし麻呂メーク似合いそうだなあ。楽しみ〜。

大奥 #4「疫病神」

1970.01.01 Thursday 08:59 by abetomoドラマ|-|-

右衛門佐の登場で、権力争いの知的レベルが一気に上がった!単なる意地悪ドロドロよりも物語に深みが出ておもしろくなってきたぞ。

桂昌院と吉保の企みを逆手に取り、まんまと大奥総取締の座を獲得した右衛門佐はお見事。右衛門佐の思惑を悟りつつ交渉に応じた綱吉も、意外と度量が広いらしい。今回は学のあるところも披露するなど、単なるバカ殿ではない部分が描かれていておもしろかった。

大奥 #3「仇の子」

1970.01.01 Thursday 08:59 by abetomoドラマ|-|-

柳沢吉保の暗躍が始まったー!大奥の女たちより吉保のほうがずっと悪よのう。

安子の父が返り咲いたのを見て、自分の息のかかった者に将軍の子ができれば確実な出世につながると考えたわけですね。自分んちには上様に来てほしくないなどとのん気なことを言ってる場合ではなくなった。

てことで、ついに愛妻(側室のはずだが正妻が出てこないな)を差し出すことに。染子はいい迷惑だ。

その思惑通り染子を所望した綱吉も、安子に罠を仕掛けたお伝の方も、まんまと吉保の手のひらで踊らされて。つうか本当に上様は踊ってたし。毎回舞ってるし。舞いのシーンは今後も続くんでしょうかね。

それにしても階段落ちとはまたベタな展開だな。ぶっちぎれる鼻緒があまりに分かりやすくて笑った。

あれで安子と父が入れ替わっちゃったら斬新だったのにー。ってそういう話じゃないですね。それじゃSFだ。

安子も妊婦なんだからもう少し気をつけないと。ヤンキーお伝には前回あれだけのことされたのに、警戒心なさすぎですよ。仇の子を懐妊したショックでいまひとつ周りが見えていないのか。

でもこの事故のせいか、父の真意を知ったためか、ようやく状況を認識したらしい。少し強くなった安子、最後はお伝の方に挑戦的な態度で反撃に出た。それに驚くお伝の顔が、えらく凄みがあって笑える。

で、右衛門佐(高岡早紀)がやってくるわけですが。え?この人も側室になるの?綱吉ってああ見えて学問好きなので、こういう才女も好みなんですかねえ。でも美人なら誰でも良さそうなので頭の良し悪しは関係ないか。

大奥 #1「修羅場」

1970.01.01 Thursday 08:59 by abetomoドラマ|-|-

大して見たいドラマがない今クール、とりあえず一番の期待作は「大奥〜華の乱〜」。
ってことで、初回はビデオ録画してまで見ましたよ。追っかけ再生って便利ね〜。

「大奥」シリーズっていったら“女のバトル”なわけだけど、今回は綱吉や柳沢吉保の“男の企み”のほうが印象的だったなあ。つうか企みっていうほど企んでないっつーか、上様のは単なる欲望に過ぎないけど。

まあ、初回は安子(内山理名)が大奥入りするきっかけとなる「牧野家の悲劇」を中心に描いていたので女の戦いは薄かったのでしょう。あ、でも代わりに京で中山忍と高岡早紀がバトってたな。あの人たちもいずれ大奥入りするのかねえ。

しかし上様が安子の母・阿久里(萬田久子)に手をつけるのって、すげぇ趣味だなオイ!すでに結婚した娘がいる年齢のオバちゃんだよ〜。てっきり最初から安子を狙っていたのかと思ったよ。

とまあ、ドラマ自体の感想はこんなもんです。まだ始まったばかりだし。後は印象に残ったことを箇条書きで。

電車男 第8話「復活!!涙のオタク激白」

1970.01.01 Thursday 08:59 by abetomoドラマ|-|-

エルメス父登場ー!途中で「ヒーロー」が流れたのは伏線だったのか。桜井さんはどんどんオカシナ人になってくし、爆笑に次ぐ爆笑だったよ。もうやりたい放題だなフジテレビ。しかし登場人物のほとんどが20代ぐらいなのに、30代の人にしか通じないネタが多すぎやしないか?私はギリギリ分かる世代なので別にいいんですが。一体、想定視聴者層は何歳なんだ?

実録・小野田少尉 遅すぎた帰還

1970.01.01 Thursday 08:59 by abetomoドラマ|-|-

8月13日放送のドラマ「実録・小野田少尉 遅すぎた帰還」を見た。

冒頭、ゴーゴー喫茶で微妙なゴーゴーを踊る堺雅人のはじけっぷりを見て仰天してしまった。うわー、いきなりこれか!「ニャロメ!」とか言ってるし。台詞回しがなんとなく演劇っぽくて、本領発揮?

堺さんは、終戦後もフィリピン・ルバング島に留まっていた小野田少尉を探し出した冒険家・鈴木紀夫の役。小野田少尉(中村獅童)と出会って、回想する形で物語が進むのかと思ったら違った。そこまで重要な役ではなかったか。

しかしまあ、パンタロンとか妙にピラピラした白シャツとか、70年代当時のなよなよした若者ぶりが似合うことといったら!やっぱりこの人は時代モノのほうが合ってるのかもねえ。

この鈴木紀夫さんは天真爛漫というか無謀というか、とてもヒッピーな人物。堺さんが最近テレビで演じてきたのとは全然違う役柄なんだけど、違和感はなかった。さすがだよ。とても山南さんと同じ人(が演じてる)とは思えません。にこにこしているのは同じだけど、笑顔の出し方が違う。あぁこんな役もできるんだなーと、役者・堺雅人の新たな一面を見た思いだ。

さて本題。

電車男 第6話「告白は波乱の幕開け!」

1970.01.01 Thursday 08:59 by abetomoドラマ|-|-

ベノアティ、きたー!後述するけど、ネット住人大集合シーンは大爆笑だった!「ベノアティールームに行って来た」話はあるだろうとは思っていたけど、こうくるとは。

前回のストーカー話がはっきり言ってつまらなかったので、あまり期待してなかったんだけど。やっぱり連ドラは波があるなあ。

電車男 第4話「夏!サーフィン大特訓」

1970.01.01 Thursday 08:59 by abetomoドラマ|-|-

いよいよドラマオリジナルのストーリー展開に突入。ここからが本当に制作側の腕の見せ所だろう。

2話、3話と続くうちにだんだんつまらなくなってきた気がしていたので、ここでオリジナルストーリーになったら、ますますつまらなくなるんじゃないのかと思っていた。でも案外おもしろかった。やるな!

というわけで久しぶりにレビューしてみる。

続きを読む >>

profile

最近の記事

写真たち

abetomo
携帯百景 - abetomo
www.flickr.com

息子の本棚

カテゴリ

アーカイブ

最近のコメント

  • はじめての運動会
    sea
  • 育児の悩み:トイレトレーニング編
    Horka
  • ナナン、落ちる
    sea
  • 明日は入園式
    abetomo
  • 息子、突発性発疹にかかる
    突発性発疹.com
  • 1歳になりました
    abetomo
  • 1歳になりました
    abetomo
  • 生後10ヶ月
    abetomo
  • 怒涛のように過ぎた8月
    abetomo
  • 怒涛のように過ぎた8月
    abetomo

リンク

search this site.

others

sponsored links

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM