スポンサーサイト

2013.09.14 Saturday by スポンサードリンク|-|-|-

一定期間更新がないため広告を表示しています

「新選組!」DVD特典映像 未放送シーン

1970.01.01 Thursday 08:59 by abetomo新選組!|-|-

今頃ですが、ようやく「新選組 !」完全版DVD-BOXの第壱集第弐集を買いました。で、早速見たのは特典映像。

第壱集のほうに付いていたのは、予告編とかプレマップとか、テレビで放送されたものばかりなので特典感が低めだけど、第弐集のほうは三谷幸喜の解説付き未放送シーンや、三谷幸喜と服部隆之が「新選組!」の音楽について語る対談で、なかなかおもしろかったです。

というわけで、特典映像の未放送シーンと音楽対談のレビューをしてみたいと思います。今回は未放送シーンについて。

続きを読む >>

「新選組!」続編!

1970.01.01 Thursday 08:59 by abetomo新選組!|-|-

まーじーでー!?と叫んでしまった。

「新選組!」続編、来年正月放送=NHK

詳細は未定ですが、とりあえず脚本は三谷幸喜、キャストも同じで続編を作ることが決まった模様です。

大河の続編は初めてだって。そりゃそうだろう。朝ドラの続編なら「私の青空」や「ちゅらさん」での例があるけど。大河ドラマって1年完結(?)で主人公が死んで終わり、みたいな作り方をしているから、普通は続編が成り立つ余地はないでしょうよ。

その点、「新選組!」の場合は、近藤勇は死んでも土方歳三はまだ生きてるし、戊辰戦争もまだまだ続くし、というところで終わったから、その後の話を作る余地は十分あるわけだ。とは思っていたけど、まさかこんなに早く実現するとは思わなかった。よっぽど要望があったんでしょうねえ。放送当時は視聴率がふるわなかったのに。つくづく人気度と視聴率は比例しないんだなあと思う。

ところで、総集編のときおみつさん(沢口靖子)が勇と歳三のコルクを持っていた理由も、続編で語られるかな?そこのところの顛末をぜひ知りたいので、ぜひミタニンには書いていただきたいです。

新選組!忘年会

1970.01.01 Thursday 08:59 by abetomo新選組!|-|-

親切な人が、朝日夕刊の三谷コラムを持って来てくれました。おかげで、噂の「新選組!」忘年会の様子を読むことができましたよ。(いつもすいませんね〜、もしゃもしゃさん!)

しかしまあ、本当に豪華メンバーですよ。近藤、土方、沖田、山南、伊東、平助、尾関、大石鍬次郎、つねさん、深雪太夫、明里、おまさちゃん、斉藤一、カモ、源さん、そして三谷幸喜というのだから。その場に居合わせてみたかった〜!って個室だろうから、店員でもないと会えないだろうけど。

二次会はダーツバーですか。オシャレだな〜。芸能人っぽいな!

このようなオシャレな場所で、堺雅人はどのように過ごしたのだろうか?結局気になるのはそんなことばっか。山本耕史とミタニンの会話や、香取局長たちの様子は書かれていたけど、堺さんのことも書いてほしかった。

局長たちに混ざって「新製品のポータブルゲーム」(PSPか?)で遊んでいたとはとても思えないし、ダーツもやっていないようなので、また難しそうな話をしながら飲んでいたのかな。

それにしても、翌日は人間ドックなのに駆け付けたという佐藤浩市、芹沢鴨を地でいってるようなエピソードでおもしろかった。

壬生義士伝

1970.01.01 Thursday 08:59 by abetomo新選組!|-|-

12月30日、テレビで「壬生義士伝」を見た。

というわけで、ようやく堺雅人の沖田総司が見ることができた。「新選組!」放送中から見よう見ようと思いつつ、レンタルビデオが貸し出し中だったりして今まで機会がなかったのだが、いいタイミングでテレビ放送された。

しかしなんていうか・・・

佐藤浩市が、芹沢鴨にしか見えません!(ヒロシ)

ナイスフォローだNHK

1970.01.01 Thursday 08:59 by abetomo新選組!|-|-

今日の「その時歴史が動いた」は「それからの新選組 土方歳三、函館に死す」

今日放送って知らなくて、たまたま見たんだけど、最終回直後の週にこの内容っていいタイミングだなあ。

函館戦争のあたりなんて「燃えよ剣」で読んだっきりだったから、いい勉強になりました。

小説に地名がいろいろ出てくるけど、北海道(というか蝦夷地)の地理はよく知らないし、距離感もわかないからイマイチよく分からなかった。なので、この番組に出てきた地図を見て状況とかがようやく分かった気がする。

史実を知らないまま見ていた「新選組!」ファンにはいいフォローだったんじゃないですかねえ。私も、土方の遺体が未だにどこに埋められたか分かっていないっていう話は、初めて知ってビックリしましたよ。

それにしても、やっぱり思ってしまった。
この再現ドラマの土方もぜひ山本耕史にやってほしかった。

スマスマ見た見た!

1970.01.01 Thursday 08:59 by abetomo新選組!|-|-

ほほほ本当にやったー!
三谷幸喜脚本の「新選組!」コント!

ミタニンがスマスマ用にコントを書き下ろしたという噂は知ってたけど、本当に今日(つまり最終回の翌日)にやるとはー!しかも、「大河な日日」の三谷・香取対談で言ってたコンビニネタそのまんまだし!(爆笑)

事前にテレビ欄とかに載ってなかったよねえ?いきなり始まってビックリよ。テレビに張り付いてた甲斐があった!ビデオも録れたぞ!(興奮)

ちょっと私叫びすぎですね。(反省)
しかしウケすぎて死にそうでした。

なんていっても、香取局長のせりふが「新選組!」に出てきたせりふを微妙にパクったもので、大河ドラマを見てた人じゃないとわからないおもしろさだったのがイイ。

欲を言えば、他の隊士も本人だったらもっと良かったのに。土方役の人が微妙に山本耕史似なのはおもしろかったけどね。総司役と思われる人はちょっと・・・。

私的に一番ウケたせりふはこれ。
「ならば伺おう。サラダを買って、家に帰って、食べようと思ったらドレッシングが付いていなかったときの気持ちを、お手前は考えたことがおありかー!」

いやー、いいもん見たなあ。

ついに最終回

1970.01.01 Thursday 08:59 by abetomo新選組!|-|-

「新選組!」が終わってしまった。

1年は長かったけど、終わってみれば案外あっという間だったなー。
こんな全49話もかかさず(オンエアばかりじゃないにしても)見続けた大河ドラマなんて、きっと後にも先にもないよ。「義経」の予告見たけど、まさしく時代劇な感じで「ああたぶん見ない」と思ってしまったし、「利家とまつ」のときだってこんなにハマらなかったし。

今年大河を見なかった人も、年末の総集編は是非見てください!とはいえ総集編だけでは、このおもしろさは伝わらない気がして心配だけど。

【総集編情報】
12/26(日)
16:45〜18:00 第一部「武士になる!試衛館時代編」
19:30〜20:45 第二部「新選組誕生・壬生浪士組時代編」
21:00〜22:15 第三部「愛しき友よ・新選組の栄光と転落編」

さて最終回の感想ですが。
このところ2話分すっとばしてるので、それも含めて、正式なのはまた後日書くつもりだけどちょっとだけ。
以下、順不同で。

新選組!46話「東へ」

1970.01.01 Thursday 08:59 by abetomo新選組!|-|-

怒涛のように押し寄せる別れのシーン。泣けるばかりかと思いきや、思わず笑ってしまう場面も多くて、さすが三谷幸喜、恐れ入ったよ。

特に野田秀樹の勝海舟は最高におかしい。あのカマキリ将軍も容保ちゃん兄弟も一気にかすむほどの存在感。いや凄かった。

あと、山本耕史(土方ではなく)による田中邦衛(周斎先生ではなく)のモノマネ!おもしろかったけど、あんな場面であんなの流していいんですか〜?本当に総司が笑い死にしちゃうって。

新選組!45話「源さん、死す」

1970.01.01 Thursday 08:59 by abetomo新選組!|-|-

源さーーん、うわぁぁぁ〜!

・・・となるはずだったんだけどなあ、あの「マトリックス」のせいで台無しだよー!池田屋での総司喀血シーンのCG以上にブチ壊し。出かけた涙も引っ込みました。ていうか、爆笑しちゃったじゃないか!どうしてくれる、NHK〜。

おかげで、その後もう泣けないの。「魂が抜けないように」って歳三や島田が源さんを抱きしめたり、隊士たちがみんな泣いてたりするけど、それでもダメ。島田の「婆さんが言ってたんだよ」も、「どすこい事件」で斉藤が腹痛(仮病)になったとき「婆さんの教え」をしつこく言ってたこと思い出しちゃったし。

斉藤が感情を爆発させて薩摩兵士を斬りまくるところで若干気持ちが戻ったけど、あれも悲しいというよりは、「ハジメちゃんつええー、強すぎる」とあっけに取られてしまった。

まあでも、局長のところへ最後の挨拶にやってくる源さん、のシーンはグッときた。そうか、こういう演出か?ここを盛り上げるための演出なのか?(だとしてもマトリックスはいかがなものかと・・・格好良かったけどさ。死ぬシーンでなければ見せ場だっただろうけどさ)

息を引き取るとき、「近藤先生に」と言った続きはここで出てくるというわけね。今までずっと近藤先生に仕えてきた源さんが、彼らしくきちんとおいとまを告げにやって来る。先生を心配して、助言まで。・・・これはやられた!

「私は先生が江戸に居た頃の明るいお顔、好きでございました」
「楽しゅうございました。悔いはありません。」
「欲を言えば、皆と一緒に江戸へ戻りたかった」
のせりふが、もう、たまらない。

そして源さんが消えて、1人涙する近藤先生。
これは素直に泣けてしまった。
あ〜、これで本当に源さんとお別れなんだなあ。としみじみ。

ところで、「錦の御旗」が、岩倉卿が部屋にでも飾ろうかと思って試しに作った旗だったというのはおもしろかったな〜。いや、実際にそんなワケないだろうけど、あの中村有志・岩倉卿だったら本当にありそうなもんで。

次回は例の榎本武揚が登場。すすむんも斬られてしまうし、どんどん終わりに近づいていくよ・・・。
でも演出の仕方によってこうも感情移入できなくなるもんかと思ったら心配になってきた。頼むよNHK〜、ってもう編集終わってるけど。

他にも書きたいことはあったけど、今日はこんなところで。

新選組!44話「局長襲撃」

1970.01.01 Thursday 08:59 by abetomo新選組!|-|-

なんだなんだ、今回はものすごくおもしろかったぞ。
平助(と伊東先生)の死という一大事件があった前回より、ずっと。
印象的なせりふが多かったり、それぞれのキャラがよく立っていたからだろうか。

というわけで、今回は印象に残ったせりふを中心に。

続きを読む >>

profile

最近の記事

写真たち

abetomo
携帯百景 - abetomo
www.flickr.com

息子の本棚

カテゴリ

アーカイブ

最近のコメント

  • はじめての運動会
    sea
  • 育児の悩み:トイレトレーニング編
    Horka
  • ナナン、落ちる
    sea
  • 明日は入園式
    abetomo
  • 息子、突発性発疹にかかる
    突発性発疹.com
  • 1歳になりました
    abetomo
  • 1歳になりました
    abetomo
  • 生後10ヶ月
    abetomo
  • 怒涛のように過ぎた8月
    abetomo
  • 怒涛のように過ぎた8月
    abetomo

リンク

search this site.

others

sponsored links

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM